浮気がバレるとどうなる?僕のクズすぎる体験談を紹介しますww

 

 

はいどーも!出会い系にガチすぎる男タローです!

 

今回は僕のクズ過ぎる浮気エピソードを紹介したいと思います←

正直自分でも引くレベルの話なのですが…

「彼女に浮気バレするとどうなるか…?」
「バレないように浮気したい…」

という僕みたいな浮気男や浮気予備軍の男たちのために、少しでも参考になればと書いてみましたw

 

「バレた原因」「リアルな女性の反応」、さらにはその結末までをどうぞ!

PCMAXで可愛い彼女ができた!

 

何年か前に(R18)PCMAXで出会った女の子と付き合うことに!

どんな子かというと…

「深田恭子似の20代前半のFカップ女子」

そう、めちゃくちゃ可愛い&アホほどエロかった彼女。
本当に僕にはもったいないくらいの子(;^ω^)

いい人を装い、時間とお金をかけ、必死に口説いたおかげで、なんとか付き合うことに成功。

付き合ってからは、毎週末彼女の家に泊まるのがお決まりパターン。

しかも僕が車を持っていなかったので、泊まる際も僕の家まで迎えに来てもらっていましたw

「可愛い」&「性格もいい」と文句のつけようがない彼女

…なのですが、一つだけ厄介なことがありました。それは、

「超絶浮気を疑ってくる」ということ。

会うたびに…

「他の女の子と遊んでない?連絡取ってない?」と聞いてくるレベル。

僕はもちろん「そんなことするはずないだろ!!」と強く否定していました。否定してはいたものの、実際には…

 

浮気しまくり←

当時は性欲が中二の男子レベルだったので、彼女のほかにも何人も浮気相手がいました。
まさに浮気を疑う彼女は正しかった。女の勘ってすっごいですね←

ただ、彼女と付き合う際に「出会い系は辞める!」と約束しました。

 

しましたが…

我慢できず、一週間後には再会するレベル。

 

もちろん浮気がバレないように…

・彼女の前ではスマホはいじらない
・常にサイレントモード
・LINEなどの通知画面を非表示

クズなりに、徹底した浮気バレ防止策をとります。

もちろん寝ている最中や目を離した隙にられないように「パスワードでロック」することも忘れません。

かなり慎重に行動していたのですが…

 

 

バレてもうた…(/・ω・)/

彼女の家で寝ていたら事件発生

いつものように週末彼女の家に泊まりに行った日のこと。

いつものように、彼女の手料理を食べ、SEXをして、イチャイチャしながら眠りにつきました。

 

眠りについて数時間後…

 

 

「バチンッ!!」

頬に強烈な痛みを感じ、目を覚まします。

 

「痛い…どうした?なに?」

眠い目をこすりながら、周りを確認すると彼女がベッドの脇で仁王立ち。そして黙って僕を見下ろしています…。

 

「…起きた?」

「ど、どうした?」

数時間前とは別人のような表情の彼女。明らかに嫌な予感がします…。

 

「なんか今すごい痛かったんだけど…なんかした?」

「私が起こすためにビンタしたの」

「え?なんで?」

「ちょっと車乗って?」

「え?なにどうしたの?意味が分からんて…」

 

時計を見ると時刻は朝の4時。

ビンタからのドライブ???

意味がわからん。

ただ寝ぼけていたのと、彼女の雰囲気が怖かったので逆らえない。

言われるがまま、彼女の車に乗りこみます。

 

「…どうしたの?ちょっと説明して?」

「…いいから」

なにも言わず車を発進させ、どこかへ向かっていきます。

「…いったいどうしたの?」

「…」

明らかに怒っている。

僕の質問には何も答えず、ただハンドルを握っています。

 

5分ほど車を走らせ、最寄り駅に到着。

(こんな早朝に駅?一体どうゆうことだ?)

駐車場に車を停めてから、彼女が無言のまま僕を見てきます。

「…どうしたの?こんな早くに?なんで駅?」

すると彼女がやっと口を開きました。

 

「ね…、隠してることあるでしょ?」

 

 

 

「…隠してること?そんなことないよ?」

 

口では否定したものの…

 

もちろんある\(^o^)/

 

・彼女の誕生日に嘘をついてパチンコ屋に行ったこと
・飲み会と嘘をついておっパブに行ったこと
・そして浮気相手がいるということ

ただ絶対にバレていない自信はある。でも明らかに確信がある様子。

怒り具合から見ても、一番可能性が高そうなのは浮気。ただ浮気に関しては一番気を付けていたので、バレるはずがない!!!

そもそも、一番証拠になりそうなスマホには、絶対にわからない番号でロックがかかっています。

(浮気を疑っているフリでカマかけてるのかも…?)
(何か勘違いしているのかも?)

数々の疑問がありましたが、確証はないだろうと思ったので、強気に否定。

 

「隠していることなんかないに決まってるじゃん!なんでそんな疑うの?」

「…わかってるから」

「だからないって!ひどくない?ビンタまでして」

「ほんとに正直に話して…」

「いやいや!だからないって…」

 

証拠がないと思っていたので、とにかく潔白を主張!すると、彼女がポツリと…

 

「みさき…」

「はい?」

「みさきって女知ってるでしょ?」

「誰だよ、その女、知ら…」

 

 

 

 

 

 

…知ってる。

とぼけてはみたものの、心当たりはある。完全に浮気相手の内の一人。

みさきとは僕の近所で一人暮らししてる20歳の女の子。

 (R18)PCMAXで知り合った「ギャル系でエロい&いつでもヤラせてくれる子」。

セフレにはぴったりでしたが、頭がすごく悪いのが難点…。

 

(なぜ彼女のことを知っているの…?)

 

地元も違いますし、知りうる限りは共通点はないはずです。

 

(まさか寝言かなんか言ってたのか…?)

不安にはなりましたが、またもや否定します。

 

「みさきなんて子知らないって」

「とぼけるんだ…」

「とぼけるも何も、知らないんだって…」

 

 

「…さっき話して全部聞いた」

 

「話した?何を言ってるの?」

「話したよ。『電話』で」

「電話?どうやって…?」

「夜中にタロー君に電話かかってきたの…」

「電話?え?勝手に出たの?」

「うん。怪しいと思って」

「え?ロックは?」

「着信のときは、暗証番号入れなくても出られた」

 

えぇええええ!?( ゚Д゚)

僕のスマホは着信に出るときは暗証番号打ち込む必要がないみたい。
たしかに着信に出たときって、

 

暗証番号打ち込んでいなかった気がする。

(…ソニーのバカバカ!!!!なにやってくれてんだよ!!!)

思わず絶句していると、彼女が状況を話してくれました。

 

僕が寝ているときに電話がかかってくる

「こんな時間に怪しい!」と電話に出る

浮気相手のみさきから「遊ぼー?」

「あんた誰?私彼女なんだけど?」

「彼女いたの~?聞いてな~い」

「そうなの?あんたはどんな関係なのよ」

「え?セフレ的な?」

 

ということらしいです…。

なぜ電話に出たのが僕じゃないのに、話すんだよ…。

 

…やっぱり尻の軽い女は口も軽かった。

ただ分かったことは、「完全にバレている」ということ。
さっきまでは「浮気なんてするはずないだろ」と否定していましたが、もう無理。

こうなったら目指すのは「情状酌量」。

圧倒的方向転換で謝罪へ。

浮気バレからのさらに地獄へ

 

「…本当にごめんなさい。ま、魔が差しただけなんだ」

「ほんとに?」

「うん…ただの遊び相手だったんだ」

 

「…動画もみちゃった」

「動画…?」

 

「いっぱい撮ってたみたいだね」

 

おろろろろろろろろ( ゚Д゚)

 

なんと電話に出たせいで、スマホのロックが解除され…

「僕のスマホの中身が全部見られるようになった」

 

そして彼女の言う、この「動画」とは…

 

「浮気相手とのハメ撮り動画」

手マンしているところや、おちんちんを咥えさせているところ、そしてもちろん挿入シーンも。

なんというか証拠としては十分すぎる代物。

 

(完全に詰んだ。もう言い逃れのしようがない)

 

「違う!それはネットで拾った動画だ!」と言い訳しようかと思いましたが…

拾った動画ではないことはすぐわかる。だって写っているのは…

 

 

僕のおちんちん。

「無修正の僕のおちんちん」がガッツリ写っているわけです。これが拾った動画なのか、なんてすぐにわかる。

だって一番近くで僕のおちんちんを見ているのは彼女なのだから←

 

「…ごめん」

「…」

「全て私の責任です。ほんとにごめん」

「…」

 

すぐに認めなかったせいで完全にぶち切れていらっしゃる。

たしかに「浮気相手とのハメ撮り」という、裏切りの証を目撃した後なのでしょうがない。よく刺されなかったと思う。

地獄のような雰囲気でしたが、正直僕にできることなんて…

誠心誠意謝るだけ。

 

謝罪…謝罪…謝罪。

 

圧倒的謝罪…!

 

でもいくら謝っても許してくれそうにない。

それに後部座席を見ると、彼女の家に置いてあった僕の荷物が全部車に積まれていました。

駅に来たのも、「荷物を持って出ていけ」ということなんでしょう。

 

状況はもう最悪。ただこれだけのことをヤラかしたにも関わらず、別れを切り出してこない。

 

(まだなんとかなるか…?)

 

ただもう普通に謝っても許してくれない。そうなればもう後は…

 

泣く。

とにかく感情に訴えかけ、母性本能に頼ることに。

実際別れるとなると悲しかったし、涙腺は元々緩い僕。
(泣こう!)と思ったら、すぐに涙が出てきました。

 

「ご…ごめんっ…」

「ほんとに…最低だよな…」

「えうっ…えっ…ごめん…」

あの号泣会見の議員ほどではないですが、必死に泣くことに。すると、いつのまにか…

 

彼女の目にも涙が…。

 

・・・・・。

「早朝の駅の駐車場で泣いているカップル」

 

周りから見れば…

「遠距離恋愛になるのかな?」
「どうにもならない事情があるんだろうな…」

と思われるかもしれない。

実際は「浮気バレした挙句、ハメ撮り見られる」というヨゴレ中のヨゴレの出来事が発生しているのに…。

しばらく二人でわんわん泣いた後、彼女が口を開きました…

 

「私は悲しいというか、悔しい…」

「ほんとにごめん…」

「でも浮気されるということは、私にも原因があるから」

「いやそんなことは…全部俺が悪い」

「別れよっかなとも思ったけど…」

 

「…やっぱり別れたくないかも」

「え…許してくださるの…?」

「…今回だけね」

 

浮気相手とハメ撮りするクズを許す…???

 

女神ではないか。

 

「俺これから頑張るよ…」

「でもまだ怒ってるから…」

「そりゃそうだ、でも改心するから…」

「とりあえず…」

 

「土下座して?」

「え?土下座…?」

「うん」

「ここで?」

「外に出て、地面で」

「地面か…」

 

朝早いとはいえ、チラホラ人の姿はある…。
それに「日本男児」たるもの、簡単に頭を下げるわけにはいかない。侍としてのプライドが…

………。

 

気づいた時には、コンクリートの地面にデコをこすりつけていました。

そうこんなときにプライドなんて何の役にも立たない。むしろ土下座で済むなら安いものじゃないか…

しっかり土下座の状態をキープしていると…

「もういいよ…」

「ほんとに…?」

「うん。反省したのはわかったから」

「あ…ありがとう」

「ほんとはこのまま帰ってもらおうと思ったけど、家戻る?」

「あ…はい」

土下座効果なのか彼女の怒りも収まってきた様子。

時間も早かったので、彼女の家に戻ることになります。

 

 

(…乗り切ったっ!!!)

浮気はバレたが、涙の土下座で許してもらえた!!!

地獄からの生還かと思いきや…

家についてからも、反省の姿勢は崩さない。

「ほんとうに魔が差したんだ」
「一番は君だよ」
「自分がバカすぎて恥ずかしい」

ご機嫌取りをつづけること2時間。

最初の「ゴミを見るような顔」が「部屋に入ってきた蛾」を見るレベルまで収まりました。

 

彼女の機嫌も収まってきたのと、この日は用事があったので…

「そろそろ帰るね…?」

「じゃあ送っていくよ」

「いいよいいよ…!今日は電車で帰るから!」

「送るから大丈夫」

「そ、そう…」

 

浮気したクズ男なのに、家まで送ってくれる優しい彼女。

さすがのクズ男の僕も、今回ばかりは猛省。

 

「これからの人生は彼女を幸せにするんだ!」と心に誓い、帰る支度をします。

 

服を着替え、財布をもち、タバコを持ち、スマホを持とうと思ったら…

 

…ない。

 

…スマホがない。

 

ベッドの近く、テーブルの上、どこを探しても見つからない。

 

(最後にスマホ触ったのって、いつだっけ?)

(寝る前だよね…?あれ?どこやったっけ)

 

「どうしたの?」

「あれ?スマホ知らない?」

 

 

「…ないよ?」

「え?どうして?」

 

 

 

「画面叩きつけて川に投げてきた」

 

「嘘でしょ…?」

 

「いやほんとだけど?」

 

「…ヽ(^o^)丿」

 

もちろん怒ることなんてできない。だって僕は「浮気ハメ撮りクズ男」なのだから…。

 

でもこのせいで、連絡先やアプリのデータ諸々がパー。

最悪なのはデータのバックアップを取っていなかった…。

そう「大量のハメ撮り動画」消失。貴重な思い出だったのに…

 

予定をキャンセルし、この日はとりあえず新しいスマホを買うため、auショップへ。

紛失、解約、新規の登録など、日曜日の朝からクソめんどい手続き。

「スマホはどこら辺で無くされましたか?」

とauのお姉さんに聞かれたのですが、酔って落としたことにしました。

まとめ

「浮気するときは、証拠を残すなっ!!!」

 

この時は許してもらえましたが、結局ハメ撮り動画と、連絡先を全て失うことに。

あまりにもデカすぎる代償。

 

この経験から分かったことは…

・スマホのロックが解除されるパターンを調べよう!
・ハメ撮りはPCへ適度に保存!
・最悪「泣く」&「土下座」で何とかなる!

 

「…浮気しないではなく、バレないことを徹底するの?」

と思うかもしれませんが、治らないものはバレないようにするしかない!!!

ちなみにこの彼女とは、数か月後に破局。

原因は女の子に

 

「おっぱいの写真送ってー?(*´Д`)」

 

という最低なLINEを見られたことです←

利用サイト

僕みたいに浮気するならPCMAXがおすすめ!

秘密の関係が守られるように、「彼氏持ち&人妻」を狙うといいかもしれません。
ハメ撮りOKなエロい子もいっぱいいますよww

 

→【公式】PCMAX(R18)