【体験談】店員ナンパって簡単?アラサー男が挑戦してみた結果ww

 

はいどーも、出会い系にガチすぎる男タローです。

このブログは「出会い系体験談」をメインに書いているのですが、今回は番外編。

「店員ナンパ」に挑戦した体験談となっております!

2020年の8月はブログを見てもらえばわかると思いますが、出会い系でのネットナンパは絶好調!

 

【関連記事】若い子とエッチしたい!ハッピーメールで性欲強い18歳とヤレた体験談w

【関連記事】美女を寝取るなら出会い系!浮気アプリで簡単にヤレた方法を公開【ハッピーメール】

 

そんな8月でしたが、タイプな店員さんを発見したので、勇気を振り絞ってリアルナンパにチャレンジ。

 

・出会い系で培ったスキルは役に立つのか?
・店員ナンパしてみた感想&体験談

もし出会い系ユーザーで、「ナンパに挑戦したい」と思っている方には、是非見てください!

出会い系の女の子とデートしたけどヤレなかったw

8月某日。

PCMAX(R18)で出会った女の子と居酒屋デート。

「ルックスも上の中、20歳で巨乳のアパレル系の女の子」

かなりタイプで、お持ち帰りしたかったのですが…

 

「ごめん、今日は帰る~♡」

 

あっさり玉砕(´;ω;`)
その後もかなり粘ったのですが、普通に帰られてしまいましたw

 

しょうがないので、帰宅するためにタクシーを探していたのですが…

 

(…今日はまだ家に帰りたくない!)

 

デートも楽しくテンションも上がっていた&不発でムラムラ状態。

深夜だったのですが、(ワンチャン今から出会い系で会えるかも?)と即ハメを狙うことに!

ただこの時スマホのギガが全然なかったので、Wi-Fiが使えるネットカフェに移動。

ネットカフェの店員に一目ぼれ!アラサー男がナンパを決意!

 

深夜2時頃、駅前の「新しくできたネカフェ」に到着。

階段を上り、カウンターへ。

すると…

 

「金髪」

「色白」

「スレンダーな巨乳」

 

 

「いらっしゃいませ~」

 

(画像はイメージ)

 

 

こんな感じのエッチすぎるギャル店員!

あまりに可愛かった&タイプだったので、フリーズしました…。

 

ただ初めてのネカフェだったので、まずは新規会員登録へ。住所や連絡先を書き、会員カードができるのを待ちます。

 

待っている間、店の様子を伺うと、コロナの影響&深夜ということもあり、かなりスカスカブースの外にいる人はゼロですし、店員も彼女以外は見当たらない。

 

 

・・・・・・・(‘ω’)

 

■好みのギャル店員を発見
■深夜でお客さんが全然いない
■他の従業員もおらずワンオペ

 

まさに「今からこの子をナンパしなさい…」と神から与えられたようなタイミング。

「店員ナンパ」する方法を考えてみた!

「問題はどうやって声をかけるか…」

ストナンとは違って、こっちは客なため、無視されることはほとんどないことが利点。

でも、変な声かけはまずい(新規登録したので住所とかモロバレしてるしw)

 

イメージするのは、

 

世間話→彼氏の有無→ひと盛り上がり→LINE交換

 

こんな感じでトークの内容を決め、アプローチしてみることに(久しぶりのナンパに手汗びちょびちょでした)

 

「ではお席は○○になりま~す」

「ありがとう!あれ?こんな時間に1人で働いてるの~?」

「そうですよ~。5時に交代するまで1人です」

「でも深夜に1人って結構大変じゃない?酔っ払いに絡まれたりしない?」

「あーでもここ初めて2週間くらいなので、そんなことないですw」

「彼氏とか心配しないの?」

「彼氏いないですwそれに夜働くのが好きなんですよ~」

「(元夜関係の女の子かな…?)そうなんだ!でもネカフェで働くってことは漫画好き?」

「はい!好きです~」

「じゃあ良かったら俺におすすめの漫画選んでくれない?」

「おすすめですか?」

「もうお姉さんの好きな漫画でいいからさ~」

「じゃあ…わかりました~笑」

 

こうしてお姉さんをカウンターから連れ出し、漫画の棚へ。

 

正直我ながら、「悪くない声のかけ方」だったと思う。

 

さらっと“彼氏の有無”も聞けたし、”彼女と話す理由”ができましたからね(緊張しすぎて汗かきまくったけど)

 

「これとかおすすめですよ~」

彼女に紹介されたのは「かぐや様は告らせたい」という漫画。

 

 

 

「これが○○で、○○な所が面白いんですよ~」

「へー!そうなんだ!じゃあそれ見てみよっかな」

「あとは『トモダチゲーム』って漫画も面白いです~」

「あーそれ見たことある!めっちゃおもろかった(嘘)」

 

このあともどうやらマンガ好きらしく、ドンドン紹介してくれる彼女。

 

やはりネトナンと同じく相手に喋らせるのは有功ですね。

 

とりあえず漫画の棚の前でトーク広げつつ、盛り上げることに。

 

7~8分ほど話し良い雰囲気になったところで、目的の「連絡先交換」へ。

 

「お姉さん面白いし、漫画の趣味も似てるわ~(嘘)」

「そうですか?」

「じゃあ今度ゆっくりご飯でも行って話聞かせて?」

「ご飯?」

「ダメだった…?」

 

 

「…終わるの朝とかですけどいいです?」

「全然いいよ~!眠眠打破飲んで起きておく。じゃあとりあえず連絡先交換しよ?」

「連絡?あっでもスマホが事務所で」

「じゃあ紙ない?連絡先書くよ~」

 

カウンターに戻り、メモ紙にLINEIDと一応電話番号も書いて渡しました。

 

「じゃあコレに連絡してね~」

「わかりましたっ!」

「ほんとに連絡してくれる?」

「しますしますw」

「じゃあ待ってるからね~!」

 

 

こんな感じで念押しして、連絡先を渡すことに成功!!!

 

喋った感じ、盛り上がったのもあったしかなりイケそうな感じ。

 

(なんだナンパってちょろいな~~~ww)なんてことを考えながら、部屋で「かぐや様は告らせたい」を読み、デートの時の話題を準備する完璧具合。

 

数時間滞在した後、帰宅へ。

 

 

彼女の連絡を心待ちにしていたのですが…

 

 

「…連絡来ず!!」

 

 

待てども待てども、彼女から連絡が来ることはありませんでした。

 

 

 

 

なんで!!!!( ゚Д゚)

会話も盛り上がっていたし、雰囲気も悪くなかったはずなのに???

 

店員ナンパが失敗した理由を考えてみました。

店員ナンパが失敗した理由を考察してみた

①.そもそも僕に興味などなかった

やはり「お客さん」だから話してくれたわけで、「男」としては興味がなかったパターン。楽し気に話していたものの、心の中では「うざっ、なんやねんこいつ…」と思っていたのかもしれません。

こっちが客なため、邪険に扱うことがないのでホントの反応が分かりづらい。

②.連絡先を渡すのではなく、聞けばよかった

実は一番後悔してるのがココ!
僕が連絡先を渡すのではなく、彼女の連絡先を聞くべきでした。その方が連絡を取るには確実。

「LINEID教えて~?」と目の前で打ち込むor打ってもらう。
この方が返信に期待できましたね。断れない性格だったら尚更。

③.イレギュラーな事態に遭った

まぁ無いとは思いますが、

・連絡先の紙をなくした
・帰り道に事故に遭った
・その日に彼氏ができた

などなど、こっちには不備がなかったパターン。

…もちろん一番可能性は低い!
低いけども、こう考えるのが一番精神衛生上いい気がします←

店員ナンパ体験談のまとめ

「やっぱりナンパって難しい…。」

でも店員ナンパに関しては、ストナンより可能性は感じました。やはりストナンに比べて、最初に話を聞いてくれるのはデカい!

どうせ街で声かけても、ガン無視されるのがほとんどなので、ナンパ初心者には適しているかもしれませんね。

・周りに店員や客が居ない
・ゆっくり話せる状況
・会話が盛り上がる

これらが当てはまれば、かなり声がかけやすいです。まぁ失敗したときは二度とその店に行けなくなるので、注意が必要ですけどね笑

ただ、即エッチしたいなら出会い系の方がいいかなと思いました。やはり「人の目を気にせず口説ける」のと、「出会いを求めている女性がいる」この二つが最大のメリット。

「ナンパしよう」と思っても結局ビビって何もできないなら、出会い系の女の子に声をかける方がよっぽど楽ですね!

>>>【プロが教える】ガチで出会える出会い系サイトランキング【3つだけ】