初デートで大失敗した!ラブホテルの場所が分からず迷子になった体験談!

 

はい!どーも。出会い系にガチすぎる男タローです。

今回は出会い系で知り合った女子大生と初デートで大失敗した体験談…。

 

「ラブホテル迷子編」

 

SEX確定の女の子とラブホデートするために遠征してきたのですが、そこで「迷子になる」という最悪の事件が発生。

 

エロい雰囲気から一転、最悪な空気に…。

 

・女の子と初デートの予定
・知らない土地へ遠征する

 

そんな方には是非読んでもらいたい!

ワクワクメールで女子大生と知り合う!

 

(R18)ワクワクメールで女子大生をゲット!

 

女の子のスペック
名前:なお 年齢:19歳 見た目:上の下 職業:大学生 備考:ロリ系女子

 

JKどころかJCと言ってもいいくらいな童顔。
LINEとのやり取りでも、すごく甘えてくる感じでエロい女子。

 

数日やりとりしただけで、SEXの約束をゲット。

 

ただお互い住んでいるところが二時間以上離れていたので、中間地点の〇〇市で会うことに。

 

全く行ったことがない土地でしたが、即ホテル案件なのでウキウキです!

 

こういう時は事前にホテルの場所や経路などを念入りに下調べ。
やっぱり初デートはスマートさが大事ですからね!

 

どうやら「駅から歩いて10分くらいのところにラブホテル」がある。

 

駅からの道のりを暗記するレベルまで脳に叩きこむ。
何回も見たおかげで、

「目を瞑りながらでもいけるわ!」

とレベルまでたどりつきましたw

女子大生と会うために遠征!

 

日曜日の13時頃、某駅の改札で待ちあわせ。
先に着いていた彼女を発見したので話しかけます。

「初めましてー!あれー写真より可愛いじゃん」

「初めまして!ほんとー?」

「会うのめっちゃ楽しみだったー。じゃあ行こっか!」

 

LINEでもイチャイチャしたやり取りをしていたので、最初からスムーズな流れ。
写真と遜色なく一安心です。

改札を出て、目的地のラブホテルまで歩いていきます。

 

何度も地図を見ていたので、

「改札を出たらまっすぐ進んで、三本目の道を右、突き当りを左…」

しっかり暗記した通りに進みます。

でも…

 

(もうそろそろこの辺かな?)

 

という所まで来ても全然見つかりません。

 

(あれ?道一本間違えたかな?)

 

引き換えし、もう一本道手前の道を行きましたが見つからず。
しかも道のいくつかは工事中で通行止めになっていたりして地図と違う…。

 

「まだ着かないの…?」

「ごめんっ…もうすぐだと思うんだけど…」

 

急いで目的のラブホテルをググって、地図の通りに歩きましたがそれでも発見できず。

地図のピンがある場所の周りをグルグル歩いて建物を探しますw

 

普通ラブホテルの近くにはわかりやすい「看板」「案内表示」があるはずですが、そんなもの一切見当たらず…。

(もしかしたらもう潰れた…??)

 

しかしホームページを調べると、きちんと営業している。

 

そのあとも「こっちかな…?」「あれーこっちかも…?」とホテルがあるであろう場所をグルグル…。

 

本来なら10分で着く場所なのに、30分経っても見つけられず。

 

最初はいい雰囲気だったのに、一緒に歩いている女の子も機嫌が悪くなってしまいました…。

 

しかもさらに不幸は重なり、雨まで降ってくる始末。

 

こうなったら四の五の言っていられないので、ホームページからホテルに直接電話を掛けることに…。

 

「はい!こちら〇〇ホテルです」

「あのー近くまで来てるんですけど、場所がわからなくて…」

「今どちらですか?」

「○○っていうドラッグストアの近くです」

「そこならーそのドラッグストアとコンビニの間の道を北に進んでください。そうして突き当りを右ですー」

「ドラッグストアとコンビニの間…?」

 

言われた通り探すと、たしかに道を発見。

 

しかし、人ひとり通れるかどうかの極セマな道。

 

(ほんとにこんな先にラブホがあるのか?)

 

疑問に思いつつ進むと、なぜか住宅街に到着。

 

…明らかにラブホテルがあってはならない場所w

 

近所には子供の自転車が止まってたり、洗濯物を取り込んでいるお母さんの姿も見えます。

しかし辺りを見渡すと…

 

一か所だけ四方を木に囲まれた建物が…

 

近づいてみると、地味なクリーム色の壁で二階建てくらいの建物。

ただよくよく見ると、入り口に小さく

 

「休憩」「宿泊」の看板が…。

 

 

ようやくたどり着くことに成功しました!!!!

住宅街の中にあり、極セマな道を通った、四方を木に囲まれた建物。

 

(わかるかこんなとこ…!)

 

本来なら10分で着くはずでしたが、1時間もかかってようやく到着…。
今まで数々のラブホテルを行ってきましたが、間違いなく一番わかりずらかったですね。

 

そもそもラブホテルのイメージといえば…

「ギラギラネオンの看板」
「無駄に目立つ建物」
「大きな通りに面している」

 

というのが当たり前ですからね~!

とりあえずいつもよりランクのいい部屋にして、ゆっくり楽しみました笑

今回の失敗談のまとめ

下調べをしたにもかかわらず、迷子になるという大失態。
さすがに住宅街の中のホテルは気づけませんでしたね…。(風営法とか大丈夫なのかな…?)

 

今回みたいな遠征するときは

 

・普段より下調べを入念に!
・第二プランまで用意しておく
・予想通り行かなくても慌てない

 

以上を注意したほうが良いですね~。
とくに僕みたいに車もっていない男子は行動範囲が狭いので気を付けて下さい!

 

【利用サイト】(R18)ワクワクメール