メンヘラ女子大生の家で宅飲み!セックス確定かと思いきや追い出された件w

 

はいどーも、出会い系にガチすぎる男タローです!

今回は何年か前のとある夏の出来事。

みんな大好き

 

「女子大生(JD)体験談」

 

「彼氏と別れたから出会い系を使う」かなりわかりやすい子でした←

 

そして初デートは彼女の自宅。
「失恋した女子大生のお宅で飲む」こんな展開はほぼ貰ったも同然。

 

でも…

 

世の中うまく行かないんだな~(;´Д`)

ワクワクメールで失恋した女子大生と出会う!

 

出会ったサイトは(R18)ワクワクメールの掲示板検索!

 

「彼氏と別れたばっかりです( ;∀;)」

 

すぐにでもイケそうな女子を発見したので、メールを送りますw

 

女の子のスペック
名前:さおり 年齢:20歳 見た目:上の下 職業:女子大生 備考:失恋引きずりまくり

 

 

写真も加工少な目で一安心!
芸能人でいうと、「広末涼子似」の透明感のある美女。

美人なので、ちょっとだけ「嘘」を盛り込みつつメール。

 

「はじめしてー!同じ○○市だし、よかったら話聞きますよー?ちなみ僕も別れたばっかりです…笑」

 

いつもの共通点アピールをしながらメールしました!もちろん彼女なんていないのですが、失恋女子には効果的。

人は弱っているときには、同じ境遇の人と話したいですからねw

 

すると見事に返信ゲットしたので、相談を受けながらLINEへ移行。

失恋女子大生と電話からのデート!

かなり可愛い子だったので、時間をかけアプローチ。
すると信頼してくれるようになったのか…

 

「良かったら電話しない?寂しいからー」

 

「女の子に電話したい相手」と思わせたら、かなりチャンス!
まったく興味のない相手とは話したくないはずですからね。

 

「もしもしーー元気かなー?」

「元気じゃないー!もうヘラるー…」

「えーーなにメンヘラなの?」

「別れたせいでメンヘラになった」

「すっごい引きずってるじゃんw」

「今までで一番好きだったもん!」

「まだこれから良い出会いあるよー」

「もうない!」

「まだ二十歳じゃんか笑」

「そうだけどー。やっぱり思い出す度に泣きそうになる…」

「じゃあ俺と会おうよー!失恋を忘れさせるプロだから!」

「えーーなにそれーw」

「失恋カウンセラーの資格持っているから!ちなみ3級ね」

「そんなのないwでも話聞いてほしいかも…」

「いくらでも話してー?もうスッキリさせてあげるから(ゲス顔)」

「じゃあ今から会って?」

「今??もう24時よ?」

「えーーー切なくて眠れないしー」

「でもどこで会うの?車今ないよ?」

 

「…家来てもいいよ?」

 

(なぬっ…。これはチャンスというかもうほぼヤレ確と言ってもいいんじゃないか?うん?)

 

でも時刻は24時過ぎ。こちとら風呂にも入り、寝る準備は万端。

 

さすがに断ろうかと思いましたが…

 

「じゃあ今から行くよ!(にっこり)」

「ほんとにー?来てくれる?」

「行く行く!場所はどの辺?」

「○○駅の裏の方ー」

「じゃあ○○の隣のコンビニで待ち合わせでいい?」

「いいよ!」

 

次の日も仕事なのにも関わらず、突撃!
なぜ僕がこんなフットワーク軽いかというと、

 

「ヤレるときにヤラないと後悔する」

 

これを嫌というほど感じているから。

もしかしたら次の日には元カレとヨリを戻すかもしれませんし、新しい彼氏ができるかもしれません(実際に若い子はよくある出来事)

 

そうなったときがショックすぎるので、会える時はできるだけ会いに行くことが必須w

女子大生の自宅で宅飲みデート!

(画像は使いまわし)

20分くらい必死にチャリを漕ぎ、待ち合わせ場所に到着。
とりあえず電話で呼び出します。

「もしもしー?ついたよー」

「わかったー。今行くね!」

店の前で待っていると、彼女が登場…。

こんな感じの服装↓

 

 

スッピンに部屋着スタイルですが、クッソエロい…wwwww

女の子の部屋着って、なんでこんなにも興奮するんでしょう…!

 

「あーーほんとに来たー」

「来いっていったじゃんか!優しいでしょ?」

「優しいー。ねぇーお酒飲みたいなー?」

「わかったわかったー好きなの買ってあげるよー」

 

コンビニでお酒とおつまみをいくつか買って、彼女のマンションへゴー!

 

 

 

結構大きめの一人暮らし用のマンションに到着。階段を上り四階の奥の部屋へ。

「あ!ちょっと後ろむいといて?」

「え?なんで?」

「暗証番号打ち込むから」

 

たしかに暗証番号は知られたくないよなぁーと思いつつ、後ろを向きます。

 

(でも夜中に知らない男連れ込む方が危険な気がするけどw)

 

「いいよーー入って?」

「お邪魔しますー」

 

部屋の感じは「THE女子大生」の部屋。

 

ワンルームに一人暮らし用の家具が並んでいます。ぬいぐるみが多いのがメンヘラっぽい。

とりあえず、小さなテーブルを囲んで乾杯。

 

「明日仕事じゃないの?」

「もちろん仕事だよ」

「え?ほんとに?じゃあよく来たねー」

「偉いでしょ?」

「すっごい偉い」

「だって寂しそうにしてたからさー!心配だったんだよ」

「ほんとにー?」

「だって気持ちわかるからさー?」

「…ありがとう」

 

下心を見せず「優しいお兄さん」を演じます。

 

そして彼女の話を聞きつつも、どんどんお酒を進めます。
でも彼女の愚痴が溜まっているのか、勝手にぐびぐび飲んでくれたけどw

 

飲み始めて1時間。顔もほんのり赤くなり、酔ってきた様子。

 

「はぁーーーーほんと辛い…」

「まだ言うのー?」

「忘れたいのに忘れられないー」

「でもそのうち忘れられるからー、大丈夫だよー?」

「うーーん…」

 

いつの間にかとなりに移動し、べったりくっ付きながらイチャイチャモード。
ボディタッチも嫌がるそぶりはありません…。

 

(これはもうイケるな…?)

 

完全にもらった状態なので、そのままSEXへ。

酔っぱらった女子大生とSEXスタート?

イチャイチャしながら、キスへ….

ちゅぱっちゅぱっ…

そしてゆっくりと舌を入れていくと、彼女もねっとり絡ませてきます…。

酔っている女の子のディープキスってめっちゃエロい…。
正直勃起しまくりでした←

 

キスをしながら彼女を押し倒し、おっぱいをさわさわ…
推定Cカップを揉みつつ、ブラジャーを外そうとすると…

 

「…んっ」

「…んっんっんっ」

 

 

「んあーーーーーん…(泣)」

 

 

(…え????)

 

いきなり声上げて泣き始めた彼女…。
今からセックスが始まろうというのに、なんて状況…。

 

「え?どうしたの?大丈夫?」

 

「元カレ思い出して」

 

 

(…なんで今!?!?)

 

おっぱいを揉み揉みしているところなのに!!!!

「そっかー…そんな辛かったんだね」

「うん…辛い…」

同情しつつも、こっちはもうギンギンなので、慰めつつブラを外しておっぱいをもみもみ…。

 

泣いているのを気にせず、服をめくりあげて舐めていこうとすると…

 

「ねぇ…」

「どうしたの?」

 

「…そんな気分じゃなくなった」

「…いや、でも」

「えっちなんかしたくない!!!!」

 

 

(ええええええええええええ!?!?)

 

 

…圧倒的寸止め。

 

呆然としていると、彼女がすぐに起き上がってブラジャーを付け直します。
そして、こっちを見て…

 

「…もう帰って?」

「え…」

「帰って???」

「え…」

 

「帰れぇ!!!!」

 

先ほどまでチュパチュパしていたのに、まさかの変貌っぷり。

…若干怖くなってきました(/・ω・)/

 

そのまま戸惑っている僕を玄関まで押し出し

 

「早く靴履いて?」

「ちょっちょっ…待ってよぉ…」

「早く出て?」

「そんなー待ってー…」

 

(バタンッ…!!)

 

 

…外に追い出されてしまいましたw

 

 

一応時間が経てば機嫌が収まるかと思い、近くのコンビニで時間をつぶしていたのですが、連絡しても返ってこず。

結局30分だけ待って、帰路につきました…(´;ω;`)

 

…宅飲みってヤレるんじゃないの?????

今回の出会いのまとめ

今回の費用  酒代 1500円
今回の成果  宅飲みからの追放

 

普通さぁ夜中に自宅に連れ込まれたら、ヤレると思うじゃん…。

 

むしろヤラせなきゃダメだろ!←

 

結局酒飲んでおっぱい揉んで追い出されただけでしたw
まー女子大生のおっぱい揉めただけ良しか…(‘ω’)

 

今回みたいに「失恋アピール」している女子は結構狙い目!
掲示板とかプロフをよくよくチェックすることをおすすめしますよ。

是非、ワクワクメール(R18)で女子大生を探してみてください!

 

→ワクワクメールに無料登録してみる(R18)