PCMAXの保育士さんがヤラせてくれない→手コキで抜いてもらった体験談w

 

はいどーも!出会い系にガチすぎる男タローです。
今回は、

 

「ヤレせてくれない保育士さん」との体験談!

家に連れ込んでも、「エッチはしない!」と突っぱねられました…。

 

なのでなんとかお願いして、「手コキ」してもらいましたよ!!!

 

情けないけどスッキリしたクズな男の体験談をご覧あれ!笑

PCMAXで保育士の女の子からメールが来た!

 

【利用サイト】PCMAX(R18)

 

珍しく、PCMAXの女の子からメールが届きました!
若い子からメールが来るなんて、非常に珍しい。内容を確認すると…

 

私も子供好きなので、良かったら絡んでくださーい(‘ω’)」

 

(子供好き…?)


そんなこと書いたかな…?と思いましたが、プロフを変えたときに”子供好きアピール”をプロフに書いてありました←

 

(シンママかなぁ…?)と思いながらプロフをチェック。

 

女の子のスペック
年齢:23歳 見た目:上の下 職業:保育士 備考:独身 人見知り 身体目的拒否

 

プロフを見た限りは、シンママではない!というか、普通の保育士さんでしたねw

シンママ狙いで変更したプロフィールがこんなところで役に立つなんて(‘ω’)

 

顏も芸能人で言うと「佐藤栞里」ちゃんみたいな、色白清楚系で笑顔が可愛い感じ。

 

 

(これは大当たりやで…)

 

ニヤニヤしながら返信を考えていたのですが、プロフには…

 

体目的NGです」

 

どうやら、真剣な出会いを探しているようですね(;^ω^)

正直可愛くなかったら無視するのですが、美人だったし、ただそんな女の子こそ、

 

攻略のし甲斐があるってもんだろ!!!

 

「こちらこそ!やっぱり子供大好きですー!将来は5人は欲しいですね笑」

「そんなにですか?笑私は子供好きすぎて仕事にしちゃいましたー!」

「保育士さんなんですねー!いい仕事ですねー羨ましいなぁー(*´Д`)」

 

とりあえず軽めの話題をしつつ、LINE交換へ。彼女の情報を探っていくと…

 

・お姉ちゃんが結婚して自分もしたい
・好きなタイプは高身長男子
・彼氏は一年以上いない

 

どうやら結婚願望も強く、かなり真剣な出会いを求めている様子。

 

ますます僕はふさわしくないですね…\(^o^)/

保育士さんを下心マンマン「自宅デート」に誘ってみた!

「保育士さんてモテるんじゃないのー?」

「いや出会い自体がないよー。男の人なんて保護者だけだしー」

「じゃあ是非会ってあげてよ!」

「いいけどー。会ったら人見知りするかも…」

「全然気にしないよー!俺がいっぱい話しかけるからさー」

「なら会いたいかもです(‘ω’)」

 

会うことは決まったものの、問題は何をするか…。

ビッチ系女子ではなかったので、「即家パターン」は使うのは警戒されそう。

 

個室居酒屋→カラオケ→ラブホ

段階を踏んだパターンで攻めたかったのですが…

 

…金がない。

 

花の慶次で八万溶かした後だったので、諸々の支払いを考えると、使えるのは数千円…。

 

これでは居酒屋でも魚民くらいしか行けん。

 

「そういえばどこで会おうか~?」

「私はどこでもいいよー」

「どこでも…ほんとにどこでもいいの?」

「えっ…別に変なところじゃなきゃ…」

「じゃあ家来ない?」

「ええーーー」

「人見知りするならー、家とかのほうが逆に落ち着けるかなって!」

「いきなりすぎ笑」

「ちゃんとリラックス効果のあるアロマ炊くから!」

「なにそれー。なんかあやしいんだけど笑」

「中国の偉い和尚が作ったアロマね。もう中国4000年の歴史が詰まったアロマ。」

「なにそれー、絶対ヤバイやつじゃん…笑」

「あと今花粉がちょっと飛んでるから、外に出ると…」

「それも嘘なんじゃないの?」

「これはホント!花粉アレルギーがもう酷くて酷くて…」

「じゃあ家でもいいけど…」

 

「変なことしない?」

 

「もちろん(大嘘)」

 

「じゃあ行ってもいいかな?」

 

よっしゃーーーー!!( ゚Д゚)

 

 

なんだかんだ、お家デートが決まりました!一番安く済むパターンでラッキーw

保育士さんとデートしてみた!自宅に連れ込んでイチャイチャw

 

週末の夜八時頃、家の近くのコンビニまで来てもらいます。

「ローソン着いたよー。ここでいいのかな?」

電話しながら向かうと、彼女が車から降りて待っていました。(車から降りて待っている女の子って良い子が多いよね)

 

「初めましてー!来てくれてありがとー」

「こんばんはー。やばい緊張する…w」

「そんなしないでー!安心してよ!」

第一印象は写真詐欺でもなく、かなり可愛い部類。

(僕もこんな保育士さんがよかった…)そう思える女の子ですね。

 

 

部屋に連れ込み、試合開始。

 

今回は「どさくさに紛れてSEXしちゃう作戦」

 

でも彼女が車でアルコールは使えないので、いつも以上に慎重に動きます。

 

「いやー来てくれてありがとう!写真より可愛いねー」

「そんなことないってー」

「保育士さんてどう?楽しい?」

「まぁ好きだからねー。でもイライラすることも多いけどー」

「子供とかに?」

「それもあるけど、今は子供の親かなー。特にお母さん」

「あーモンスターペアレントってやつね!」

「『うちの子はこうしてくれなきゃ困りますッ!!』みたいなのが多いんだよね…」

 

やっぱり看護師さんと同じで、仕事の愚痴はいくらでもあるようです…。
今回もとにかく彼女の悩みを引き出し、相談相手になってあげることに。

 

「時間取られるのに給料が安い」
「先輩保育士とうまくいかない」
「この仕事をしていていいのか迷う」

 

聞き専に徹し相槌を打ちながら彼女を肯定、肯定、肯定!!!

 

しんどい作業ですが、一時間もすると最初の警戒心が薄まり、かなりほぐれてきました(*´Д`)

 

徐々にボディタッチを仕掛けても嫌がることはなく、カップルみたいな雰囲気に…

保育士さんが全然ヤラせてくれない件w泣きそうw

 

(体感50%でSEXできそうやで…)

 

雰囲気的にはかなりイイ感じだったので、さりげない感じでキスへ。徐々に舌を入れて、ディープキス。

そのまま身体を触りならSEXへもっていこうとすると…

 

「あっだめっ…」

「え?」

「私そんな簡単にしないから…」

「え…でも…すごいタイプだから…」

「それでもダメ…」

「でもでもでも?」

「しないから!」

 

このあとあの手この手で粘る。

 

「すごいタイプだから…!!!」
「一生大事にするから…(付き合うとは言わない)」
「ほんとすぐ終わるから…」
「さきっちょだけ…」

 

「むり」

 

 

 

…圧倒的拒否!

 

もちろん家に連れ込めたからとはいえ、全員が全員ヤレるということはない。
わかってはいるけども、この日は…

 

「オナ禁三日目」で金玉がパンパンのパンパン。
出したくて出したくてしょうがない状態←

 

「我慢できない…」

「できる」

「いや、無理だこれは…」

「なんで…」

「このままだとムラムラして死んじゃうかも…」

「そんなことくらいじゃ死なない」

「じゃあせめて、せめてフェラとか…」

「しない」

「ほんとにちょっとだけでも…」

「しない」

「じゃあもう手コキだけ!」

「…手?」

「うん!もう手でしてくれるだけでイイから…」

「うーーーん…」

「お願いします。もう一生のお願いっ」

「手でかぁ」

「ホントにすぐ終わるから…」

「…うぅ」

 

とにかく真剣なまなざしで、手コキをお願いする僕。
結果…

 

 

なし崩し的に了承を得ました。

 

普通は初対面で手コキをお願いする人は少ないかもしれません。

 

でも僕は何のプライドもないので、スッキリできれば良し!!!

 

こんな時に「そっか、まだ早かったね…(にっこり)」

 

なんて言葉は出ん!!!!

 

「過程なんかより、大事なのは結果!」過去のブラック企業勤めが活きましたね。

 

とりあえず彼女の気が変わらないうちに、急いでズボンを脱ぎ彼女にチンポを握らせます。

 

「うわっ…(ニギニギ)」

「はう…動かして…?」

彼女が冷たい手でゆっくり動かしていきます。

シコシコシコシコ…

「…唾液垂らして?」

「えーーーー」

嫌がりつつも、唾液を垂らしてヌルヌルにしてから手コキ…

ぐちょぐちょぐちょ…

ぐちょぐちょぐちょ…

手コキしている最中も、彼女はずっとイヤイヤな顔。若干軽蔑されている気もしますが…

 

 

嫌がりつつ手コキされるのって興奮するw

 

溜まっていたのと、興奮していたのもあり…

 

「やばい…そろそろイキそうかも…」

「…わかった」

「で、でる…!」

 

 

どぴゅどぴゅ…!!!

 

勢いよく「三日分の精子」が発射。
出るときに、てっきり手で押さえてくれるかと思いきや…

 

 

ノーガード。

 

抑えるものがない状態で発射したので…

 

べちょ…。

 

三日分の濃厚な精子が彼女の顔と髪の毛にべっとり。

 

「うわーーーー!!!!!!」

「ごめんごめん…」

「汚いーーー」

「汚くはない!」

「最悪…」

 

必死にティッシュで顔を髪を拭いていますが、べた付く&匂う様子。
たしかに精子が髪にかかるって気分は悪そうですよね←

 

慰めつつ、イチャイチャモードに戻ろうとしたら…

 

「もうお風呂入りたいから帰る…泣」

 

怒りながら帰っちゃいました…(‘ω’)

 

もちろんこの後は、フォローのLINEをしておいたのですが関係はこれっきりで終了ですww

今回の出会い系体験談のまとめ

費用:0円
成果:保育士の手コキ

 

挿入できないのは残念でしたが、まぁ美人の手コキを無料で味わえたのでOKですねw

 

今回みたいに、「SEXはNG」でも、「手コキ」くらいはしてくれる子は意外と多い!

手コキ専門風俗の女の子のレベルが高いというのも納得ですね。

たぶん女子的にも「これくらいなら…」というギリギリのラインなんだと思います。

 

まぁ…プライドは捨てなきゃいけませんけどね←

 

今回みたいに出会い系なら無料で気持ちよくなれることも!

手コキ風俗よりよっぽど安上がりですね笑

 

→PCMAXに無料登録してみる(R18)