ヤリマン介護士とセックス!メンヘラ&性欲強すぎて精子絞り取られたw

 

はいどーも!出会い系にガチすぎる男タローです!

今回出会ってきたのは、

「ヤリマン介護士さん」

今思えば、数々のヤリマンと会ってきたなぁー。メンヘラめっちゃ多かったけどw

今回も例の漏れず、メンヘラのヤリマン(‘ω’)

ただ、今までの子と違って…

 

レベルが段違い…。

 

知りうる限り、過去最高の経験人数でした。
もちろんそんな女子なので、即効ホテルに連れ込みましたよ~w

ワクワクメールでヤリマン女子を発見したww

 

利用サイト(R18)ワクワクメール

 

「夜とか病み病みー」

 

掲示板を見ていたら、気になる女の子を発見w
メンヘラチックな書き込みだけど、顔は可愛い。

さらにチェックすると、ここ1週間で頻繁に書き込んでいる。
ヘラっている最中なのかもしれませんね~(‘ω’)

 

(めんどくさい子だな…)というのは百も承知なのですが、

 

「メンヘラ=ヤレる」

 

もし出会い系の教科書があるとすれば、真っ先に乗るであろう方程式。
僕はたくさんの女子とヤリたいので、しっかりアプローチ。

女の子のスペック
名前:ゆうか 年齢:22歳 見た目:中の上 職業:介護士 備考:メンヘラヤリマン一級

 

 

「初めまして同じ○まるだし、僕も夜は病み気味ですw良かったら絡んでください!」

 

同種のメンヘラアピール

するとログイン中だったのか、秒速で返信ゲット!
どんな内容かなー?と思っていると…

 

 

「電話しよ?」

 

 

(いやだ、めんどくさい…)

 

一発目の返信から電話はさすがに嫌な予感するw

 

可愛くなかったら絶対無視しています(‘ω’)
とりあえず、LINEで様子を見る事に。

 

「いいけど、とりあえずLINE教えてーー!笑」

「はい」

軽ーく自己紹介した後、電話をかけてみることに…。

ヤリマン介護士と電話してたらアポゲットw

電話を掛けると…

 

「初めまして!こんばんわー」

 

「ねーーー。明日暇?」

 

ちょい…⁉(‘ω’)

 

いきなり遊びに誘われました←
まだ出会って5分も立っていないのに…。

 

「明日⁇いきなり過ぎない?」

「寂しくてー。誰かと会いたいのー」

「そんなに?なんかあったの?」

「え?会ってくれないの…?」

 

ちょうど明日は休みだし、会ってもいい。しかし…

 

 

かなりめんどくさそう(‘ω’)

 

ヘラっているメンヘラなんて、普通の子の10倍はめんどくさいw

ただ…

 

ごいヤレそうな雰囲気がするんだよなぁ…

 

「即ハメ案件」なら、会う価値はある。地雷でも我慢できるw

 

「えーと、でもどこ住み?」

「〇〇!」

「ちょっと遠いねー。電車で一時間くらいかかるじゃん!」

「私…そっちまで行くよ?」

「ほんとに?結構遠くない?」

「全然行くよ?構ってくれるんでしょ?」

 

 

フットワークは軽めなメンヘラちゃん…。

このフットワークの軽さが、ストーカーとかにならなければいいですね←

 

すぐにでも会えそうなので、問題は「何」をするか!
個人的にここまで、すぐ会える子は即ハメ率が高いので、
ここはあえてストレートに…

 

「じゃあ会えたら、明日何しようか?」

「なんでもいい」

「ゆっくりしたい感じ?」

「まぁー出かけたりするよりかはー」

「じゃあこっちにいいホテルあるよ?笑」

「ホテル?別にいいよ?」

「え?いいの?」

「うん。別にどっか行きたいとこもないしー」

「じゃあ会う!!!」

 

ということで性欲に負けて、デート決定ww
若干怖いのですが、SEXのためならしょうがないですね~(‘ω’)

ヤリマン介護士とラブホテルデートへ。

 

いつも通り、ラブホ近くのコンビニで待ち合わせ。
電話しながら向かうと、彼女を発見…

 

こんなカッコでした↓

(実際はもうちょっと袖が長かった)

まっ白なワンピース。
肌もこれくらい白く、透明感のある服装です。

 

 

ただ…

 

 

負のオーラがしゅごい…www

 

表現するのは難しいのですが「お薬飲んでいますよね…?」そんな見た目。

 

軽く挨拶をして、コンビニで買い物してから近くのホテルに向かうことに。
歩いて向かう最中、ずっと僕の腕を捕まえてきました。

 

まるで「逃がさない…」と言わんばかりに←

 

ヤリマン介護士とラブホテルでイチャイチャモード

 

なんか距離が近すぎると、怖かったので広い部屋にしましたw
そしていつもだったら、すぐ部屋を薄暗くするのですが、むしろ明るく調整。

 

「こっちまで遠かった?」

「そんなことないよ?会いたかったからさ!」

「そ…それは嬉しいな!」

「ホントに思ってる?」

「もちろん!だって実物すごい可愛いし、会えて幸せだよww」

「ホントに?ホントに?♡」

「もちろんっ」

「嬉しいなぁー♡」

 

まだ会ったばかりというのに、ものすごい親近感。それに座っている最中も

 

 

べったり僕にくっ付いてきます。

普通こんな感じで来られたら、嬉しいはずなんですが…(メンヘラじゃなければ)

 

ちょっと怖さが出てきました(/・ω・)/

 

でも顔は全然可愛い女の子。普通にセックスはしたい←

 

情報が何もないので探り探り話していきます。
ところが…

 

「彼氏とかはいないの?」

「うん」

「人見知りとかするタイプ?笑」

「うん」

「どういう人が好き?」

「やさしい人」

「こっちのほうよく来る?」

「全然」

「そっか…」

 

 

最初は普通だったのにも関わらず、いつのまにか会話が途切れ途切れに。
(なんか気に障ること言ったのか…?)とも思いましたが、相変わらず僕にはべったりくっ付いてきます。

 

正直態度の変わりようが怖い←

 

怖いけど、ここまで来たら引けない!!!
あまり気乗りはしなかったのですが、一応セックススタートw

ヤリマン介護士とセックスすると衝撃的なモノが…。

とりあえず、ボディタッチからのディープキス。
舌を絡ませていくうちに…

「はぁん…////」

トローンとした目で僕を見てきます…w
こんな表情を見せられたらさすがにチンポはギンギンに。

ベッドに連れていき、さっそく服を脱がしていきます。ただ…

 

メンヘラの裸にはトラウマが…!

 

それはなにかというと…

「リストカットの跡」

ただ、僕自身は…

「肩までリストカットが入っている女」も抱いてきた。
それに比べればちょっと刻んでようと、問題なし!!!!

 

でも、ちょっとだけビビりながら彼女の服を脱がします。

 

するするするする…

 

綺麗な白い肌が、姿を見せます。
お豆腐のように真っ白。透き通る肌…。

 

全部脱がした後、まず腕を確認…!すると

 

リストカットはナシ…。

 

…た!だ!!!

 

 

キスマーク”めっちゃついてる。

 

 

最初は影かなんかかと思いましたが、目を凝らしてみると「明らかに吸い付いた後」。
あざとかできモノではなく、絶対にキスマーク…。

 

さすがに触れないのもおかしいので、聞いてみると…

 

「…これどうしたの?」

「…昨日つけられたの」

「昨日してきたんかい!!!」

「まあでも今日の朝かも…」

「ってことは数時間前じゃん!!!」

「…まぁそうだけどー。嫌なの…?ダメ…?」

 

「…ダメじゃないよ?(にっこり)」

「寂しかったんだもん」

「そうだね。寂しかったんだもんね?」

 

ここで何か言ったら、めんどくさいことになりそうだったので華麗にスルー。
気にせず前戯を続けていくことに←

 

軽く話を聞くと…
朝からワクワクで知り合った年下男子とSEXしてきたみたいです。

 

しかも実家暮らしなのに、家に連れ込むという。

 

朝からセックスしていたにも関わらず、電車で1時間かけて僕に会いに来るとは…。

底なしの性欲に驚かされますね…ww

 

でもとりあえずは目の前のSEXに集中。性欲強いだけあって、感度自体は抜群で…

「あっあっあーーー///」

普段は声が小さいのに、こういう時は出るんですねw
クリ責めをしていると、十分にアソコが濡れてきました…。

「ねぇ…///」

「どうしたの?」

「早く手マンして??」

「どういうのが好きなの?」

「奥をぐりぐりしてほしい…」

具体的なおねだりを頂きます。
彼女のアソコに指を入れ、ポイントを探っていきます。

「はぁ…そこ…気持ちいい…////」

「ここがイイの?」

「うん…もっと、もっとして?」

「こうかな?(ぐりぐりぐり…)」

 

「はぁんっ…出ちゃう、出ちゃう、出ちゃうーーー!!!」

 

 

 

びゅっびゅっびゅーーーー!

大量の潮吹きッ!!そのまま攻め続けると…

 

「あーー!イクッ!イクッ!イク―――!!!」

 

大絶叫しながら昇天。鼓膜破れるかと思ったw

「はぁはぁはぁ…」

「大丈夫疲れちゃった…?」

「大丈夫…パンツ脱いで…?」

「フェラしてくれるの?」

「うん…舐めたい…」

フェラしてもらうと、唾液を大量に垂らし、

 

じゅぽっじゅぽっ…

「気持ちいい…?」

 

上目づかいでこっちの反応を見ながらチンポをしゃぶります。
メンヘラはやっぱりエロい…。

 

あまりに上手すぎたので、我慢できない。

 

「そろそろ入れたい…」

「まだだーめ」

「えーーー我慢できない」

「我慢しなさい!」

「…はい」

 

なかなか入れさせてくれず、ずっと我慢。イカないように必死に我慢していると…

「入れる…?」

「はいッ!!」

「生で入れて良いよ?」

なんか色々怖いのでゴム付けようかと思ったのですが、いつのまにか彼女が跨っていましたw

 

ぐちょぐちょぐちょ…

 

動くたびにいやらしい音が室内に響きます…。体位を変え、正常位で擦りあげるように動かすと

「んっ…気持ちいい…気持ちい」

「どこがいいの?」

「奥、、、奥、、もっと!あっイグッ!!」

 

膣奥をガン突きすると、何回もイキまくる。

「イッちゃだめ」と言われていたものの、我慢の限界で僕も発射…!

 

イッた後、ティッシュでチンポをふきふき…すると、

「ねぇ…」

「どうしたの?」

「おちんちん舐めたい…」

「今出したばっかよ?」

 

さっきまで自分のアソコに入っていた、汁まみれのチンポを…

 

じゅぷじゅぽじゅぽじゅぽ…

お掃除フェラwwwそして復活www

結局また勝手に入れて、腰振ってきました…。

 

しかも二回戦が終わった後も、またすぐにしゃぶってくる(‘ω’)

 

メンヘラヤリマンのSEX事情

三回目のSEXを終え、休憩タイム中。

「めっちゃエロかったね…」

「エッチ好きだもん…」

「それはすぐわかったwちなみに経験人数はー?」

「2…」

「ん?」

「たぶん200人くらい…?」

「へ?」

「数えたことないけど…」

「ほうほう…なかなかのもんだねww今セフレは?」

「えー7人くらい?」

「おーーー…」

「でもお気に入りは1人」

「何がお気に入りなの?」

「なんか説明しづらいけど、相性的な?」

「はいはいそういうのあるよね!」

「その人とエッチしたくて、仕事行かなかったことある」

「まじ…?」

「うん…。なんかずっとエッチしていたくて…。」

 

この性欲の強いヤリマンを満足させることができる謎の男とは一体…。

話を聞く限りは普通の男らしいです。
ただ抜群のテクニックの持ち主&何回でも射精できる…。

 

 

僕も性欲強い方だとは思っていまいしたが、上には上がいるもんですね←

今回の出会い系体験談のまとめ

費用:ホテル代7000円
成果:メンヘラセックス

メンヘラはヤレるけど、しんどいですね…(‘ω’)

でもたしかにセックスはエロいことが多く、興奮するのは間違いない!
お掃除フェラとか進んでしてくれますからね~笑

 

僕は色々怖かったので、一回きりの出会いで終了しましたけどw

出会い系のメンヘラの特徴は…

・頻繁にログイン&書き込み
・すぐ電話したがる
・性欲強い(エロトークで判別)

以上を意識すれば、メンヘラとエロいセックスできるかも?

 

ワクワクメール (R18)の掲示板でメンヘラをゲットだ!w

 

→ワクワクメールの公式サイトへ

※18歳未満利用禁止