出会い系でヤバい女と会ってきた体験談!刑務所に入っていたことを告げられるw

 

はいどーも、出会い系にガチすぎる男タローです。

今回は何年か前の出会い系体験談。
どんな子かと言うと…

 

「少年刑務所上りの女の子…」

 

なかなか強烈ですね~( ゚Д゚)
なんでそんな子と会ってきたのかというと、会う前は普通の女の子だと思っていたから!!!

そう、そんなことは何も知らずに会ってきたのです…w

 

・元受刑者の女の子との出会い
・元受刑者と会ってみた感想
・元受刑者とのセックス

 

以上を紹介したいと思いまーす!

ハッピーメールのプロフ検索で可愛い子を発見!

 

【利用サイト(18)ハッピーメール

 

女の子のスペック
名前:あんり 年齢:20歳 見た目:中の上 職業:??? 備考:デンジャラスガール

 

写真を見ると、黒髪ロングの色白二重。

ぱっと見は清楚な感じがしたのですが…

「タバコ吸う」「バイク好き」「入れ墨好き」

という、ものすごくインパクトのあるプロフィール…。

 

プロフの内容が明らかにヤンキー仕様
茶髪でピアスボコボコ空いていそうなギャルみたいなイメージですねw

プロフのイメージの剥離は気になりましたが、可愛かったのでアプローチ。

 

「初めましてー写真めっちゃ可愛いですね!おんなじ○○県だし、俺もKOOL吸っているから良かったら絡んでください!」

 

もちろんKOOLなんて吸ったことがないですが、そこはOKw

ログイン率が高そうだったので、返信に期待すると…

 

「いいよー。暇人だからよろしくー」

「おー一緒じゃん!じゃあ遊ぶしかないよね?」

「奢ってくれるならいいよ~」

「もちろん奢るよー。財布持ってこなくていいから笑」

「なら会うー!」

「そういえばどこ住みなのー?」

「〇〇市だよー!」

「ちょっと遠いしそっちなんもないから、○○市こないー?」

「あー無理金ない!こっち来て~?笑」

 

やりとりしてすぐ、デートが確定。
暇しているのか、ノリが良いのか簡単に会ってくれそうです!

そのあとLINEに移行して、詳しく探っていくと…

 

・最近地元に戻ってきたばかり(関西に住んでいた)
・母親と二人暮らし(父親蒸発)
・彼氏は数年いない

 

とりあえず彼女の地元でのデートプランを考えます。

元受刑者の女の子の地元でデート!

 

日曜日の昼過ぎに、1時間かけ彼女の住む市へ。
お金がないらしいので、貢ぎ物のタバコを持っていきましたw

 

「もうじきつくよ!」

「わかった!セブンの前で待ってる!」

「りょーかい!」

 

駅のすぐ近くのセブンへ向うと、入り口でタバコを吸いながらスマホをいじっている彼女を発見。

ジーパンにヒールにちょっとだけ露出の多いTシャツ姿。

写真通りの彼女で一安心。でも、なんかガラ悪いw
タバコを親指と人差し指で挟みながら吸っているところとかw

でもこういうヤンキー女子も大好きなので、全然OKなんですけどね( ゚Д゚)

 

「こんにちはーヤンキーちゃんw」

「ヤンキーじゃないし!」

「とりあえずどっか行くー?ここら辺あんま知らないけど」

「おけーー!じゃあカラオケ行こ!」

 

駅近くにあるカラオケに向かうことに。
実は知らないとは言ったけど、下準備はばっちり!(近くのラブホも把握済み)

 

 

「とりあえず何飲む?」

「ビールかな!」

「酒飲むの?ww」

「えーーまぁ良いじゃんw」

 

昼過ぎなのにいきなり酒。
まぁ個人的にも酔ってくれた方が、色々ありがたいですからねw

お互いビールで乾杯してから話していきます。

「あ!これあげる」

買ってきたタバコをプレゼント。

「まじありがと!今金欠で助かるー!」

「そういえばニートなんだっけ?」

「そうそう!」

「へーーそうなんだー。いつからニートなの?」

「えーーだいぶニート!」

「働け!」

「いやーーちょっと事情があってねー」

 

(事情…?)

 

気にはなったのですが、雰囲気的に聞いてほしくなさそうな感じ。話したくなさそうなことは聞かないのがマナー。

 

ノリも良く、カラオケを歌ったりして盛り上がりました。
一時間くらい経った頃、徐々に口説きモードへ。

 

「そういえば彼氏は?」

「別れた!というか自然消滅?」

「寂しくない?」

「んーーでもまぁいらないかなー」

「元カレ引きずったりしないの?」

「しなーい。ロクでもない男だったから」

「じゃあ俺なんかどう?」

「えーーー…ギリ?」

「ギリギリOKってこと?w」

「うーーんそうだね?ww」

「じゃあ喜んでイイのかな~?」

「たぶん?」

「じゃあキスしていい?」

「えーーー、いいけどーーー」

 

酔っていたのもあり、ノリでキス。
そして舌を絡ませながら徐々にエロモードに突入。

 

(このままカラオケSEXしちゃおう)かと思いましたが…

「プルルルルルッーーー!」

邪魔するかのように、電話が鳴ります。

 

「そろそろお時間です。」

フロントから退室のお知らせ。

「時間来ちゃったわーー」

「えーもう?どっか行く?」

「んーーー。とりあえずホテルいこ?」

「えーーーーーww」

「まぁまぁまぁ近くにあるでしょ?」

「たぶん?」

「じゃあ行こっかー」

お会計を済ませ、いちゃいちゃしながら近くのラブホテルへGOー!

ラブホに到着!なんか緊張している感じでした

 

いい雰囲気のまま、事前に調べてあったホテルへ到着。

でも思ったよりレトロというか、ボロい( ゚Д゚)

しかも先払いで、お会計方法が「エアシューター」。最近だと見かけることも少ないので、びっくりしましたねw

 

カラオケで雰囲気はできていたので、すぐに彼女をベッドに押し倒します。

 

そしてディープキスをしながら服を脱がす。
おっぱいは小さめでしたが、すべすべなスレンダーボディでした。

ブラを外し、乳首責めようとすると…

 

「ねぇ…言いたいことがあるんだけど…」

「どうしたの?(まさか生理か…?)」

「久しぶりなの…」

「ちなみにどれくらいぶり?」

「二年以上してないww」

「へーーーーーーー(うそつけ!)」

「ほんとだからね?」

 

タバコをバカバカ吸って、昼間からビール飲むニートがSEXしていないわけない!!!

なんでこんなしょうもない嘘つくのか疑問でしたが、完全スルーでSEXへ。

 

ただ彼女のアソコに指を入れると、かなりキツキツ…。
中指一本でギリギリです。しかもちょっと動かすと…

 

「あっ…痛っ…」

「そんな痛いの?大丈夫?」

「うん。大丈夫」

「じゃ、じゃあ…早く終わらせるね!」

 

キツキツ具合と痛がり様で「ほんとに二年振りかも?」と思うように。
痛がるのはさすがに可愛そうなので、できるだけ負担を掛けないように動かします。

 

フェラしてもらったとき…

「あれ…こうだっけ?」

チュパチュパ…

チュパチュパ…

 

咥えるのではなく、ずっとチュパチュパ(/・ω・)/

「…咥えて動かして?」

「え…?こうだっけ?」

 

カパカパカパ…。

 

咥え方もねっとりしたストロークではなく。口の中でチンポをふやかしている感じww

 

全然気持ちよくなかったので、正常位の体制で挿入へ。
痛がっていたので、徐々に入れていくと…

 

 

ずずずず…ずぶっ!

 

 

「痛ッーーーい!!!」

「wwww」

「笑わないでwwマジで痛いの!」

「本当にヤッてなかったのねww」

「本当だって言ったじゃんか!」

 

なぜか笑っちゃいましたが、痛みはガチっぽい。
早くイカなきゃ!と思いましたが、キツマン&早漏だったので余裕でしたw

 

セックス後のピロートークで衝撃の過去が判明!

「処女でもないのに、なぜこんなに痛がるのか?」
「二年もSEXしなかったのはなぜ?」

そのほかにも、謎が多すぎたので彼女に聞いてみます。

「なんであんなに痛がったの…?」

「えっ…まあしてなかったし」

「なんでしてないの?めっちゃヤッてそうなのにw」

「失礼な!環境的に無理だったしー」

「環境?」

 

 

「実は最近まで『少年刑務所』にいてさー」

 

「まじで…?」

「そうだよー。だからエッチできないw」

「な…なるほど…」

 

「中身と見た目が合っていない」

「金欠ニート」

「二年以上SEXしていない」

全ての理由が…

 

「最近まで刑務所に入っていたから」

 

やっと彼女の違和感の正体が分かりました…。

 

「なんか違和感はあったけど、そうだったんだね」

「びっくりした?」

「びっくりしない人いないよww」

「そりゃそうか!」

「いったいなにしたの?薬?窃盗?」

「まあ傷害かなー…」

 

どうやら当時の彼氏と一緒に悪いことをしちゃったみたい。
でも少年刑務所入るくらいだから、相当なレベルなんでしょう←

 

ここから刑務所トーク。

 

「刑務所の生活はどうだった?」

「最悪だよ!風呂も毎日入れないし、ずっと窮屈」

「なるほど。友達出来た?」

「一緒の部屋の人のことなんも知らない、話すこと自体そんなにないし」

「そうなの?すごい状況だな」

「たぶん仲良くなったりすると、外に出てから一緒に悪いことしたりするからじゃない?」

「はーなるほど!でも刑務官とは話せるんでしょ?」

「話せるけどー”願います”って言わなきゃいけないしw」

「なにそれ…?」

「勝手に喋っちゃいけないの~」

「喋る前に一回聞かなきゃいけないということ…?」

「そうそうー」

 

この後も、数々の「刑務所トーーク」を聞かせてくれました。

どうやらホントに浦島太郎状態になるらしいです←

 

折角のキツマンだし、もう一回くらいハメたい!

でも痛がるのが可愛そうなので手コキしてもらいましたww

今回の出会い系体験談のまとめ

掛かった費用:カラオケ代4000円、たばこ代960円、ホテル代4000円

成果:元受刑者とSEX

 

出会い系で元受刑者と会ったことあるの僕くらいじゃないですかね?笑

遠征したので費用も掛かりましたが、中々おもしろい体験をできたのでその価値はあったかな?

今はしっかり更生していることを願います笑

ただキツマンとSEXしたかったら、

 

刑務所の前でナンパすればいいんだ!

 

→ハッピーメールに無料登録してみる(R18)